気をつけたい印鑑のあれこれ

使用している印鑑を何らかの理由で失くしたとき新しい印鑑が必要になってきます。それでは新しい印鑑はどうやって選びますか?値段、材質などいろいろポイントがありますがこのサイトでは特に気を付けたいポイントをまとめました。 まず印鑑には機械彫りと手彫りの2種類あるということ、使用するだけで開運するという印鑑、インターネット販売による簡単で激安な印鑑、それらを踏まえてどのような印鑑を選ぶべきなのかを説明しています。

実印とは居住地の市区町村で印鑑登録した印鑑を指します。印鑑登録をしていない印鑑はたとえ象牙の立派な印鑑でも実印とは呼びません。実印は大変大切なものなので保管には細心の注意が必要です。印鑑登録証と同じところに保管することはさけ、別々に保管することをおすすめします。自宅に安全な保管場所が確保できない場合には銀行の貸金庫などに預けることをおすすめします。また印材の材質に合った保管方法をしないとひび割れたり、印面が欠けたりしますので注意が必要です。実印は大変大切なものなので他人やたとえ親戚でも預けることはやめましょう。トラブルに巻き込まれる可能性があります。実印とは長い付き合いになります。ちゃんと手入れをして大切に扱いましょう。